日本留学試験まで

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 10:32

日本留学試験まであと32日です。

 

 

トップレベル大学、難関大学進学コースでは、

GW明けから学生の表情はさらに厳しくなりました。

1点でも高い点数をとるため、

授業で解き方を学んだ後は、

授業後は自習して確実に身につける、

ということを繰り返しています。

 

 

 

 

 

 

そして、それに負けじと

キャリアデザイン日本語コースの学生たちも

日本留学試験に向けて日々努力しています。

 

 

 

 

 

午後クラスの2人は朝から学校に来て、

日本留学試験に向けて毎日自習しています!

 

 

「専門学校に来たからには上の大学を目指したい」

面談でそう言った2人は、

その言葉を実現させるために、毎朝自習をしています。

そして、「日本で建築の勉強をしたい!」

と語るKさんは、日本語の勉強に加え、午後の授業後は、

「数学、理科」など専門科目の勉強もしています。

 

 

2人は職員室に寄り、

日本留学試験の読解問題、聴解・聴読解問題を受け取り、

集中力を切らすことなく、机に向かっています。

「今回は7割ぐらいしかとれなかった…」

と言い、わからない問題があれば、すぐに質問し、

疑問をなくしてから、問題を進めています。

 

 

 

 

 

 

 

真面目に勉強している2人ですが…

 

 

 

 

先日の新入生歓迎会のときは、

クラスメイトと打ち解け、勉強の話から日々の生活の話まで、

時おり大きな笑い声を上げながら、会を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「楽しむときは全力で楽しむ、

勉強するときは全力で勉強する」

TIBC生、KIBC生は

日々の生活に緩急をつけながら、

勉強に集中できる状態を保ち続けています。

 

 

 

 

 

日本留学試験が近づいてきました。

その本番の前には、

日本留学試験の模擬試験が控えています。

 

 

模擬試験の結果で、実力がついていることを確認し、

本番で落ち着いて問題が解けるよう、

TIBC生

KIBC生

学習習慣を継続させよ!

 

進路面談

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 11:12

GWが終わり、

6月には、日本留学試験が控え、

7月には、日本語能力試験が待ち構えています。

 

 

 

TIBC、KIBCでは、

GW明けから進路面談が行われています。

 

 

 

 

まずは「学習計画」

偏った分野に集中しがちな学生には、

苦手とする分野を指摘し、

苦手分野を克服するよう、担任から伝えられます。

 

 

そして、苦手分野を知った学生は、

担任から克服する方法を聞き、

分野別に分かれた自習用学習プリントを取っていました。

 

 

 

 

次に「進路」についてです。

 

難関大学進学コースでは、

9月に控える国公立、

関関同立、MARCH受験に向けての準備について話されます。

そして、そのためには、

3科目の合計をどれぐらい伸ばせばいいのか、

その具体的な数字まで伝えられます。

 

 

キャリアデザイン日本語コースでも、

志望校に合格するためには、

N2、そして日本留学試験の点数で日本語の点数をどれぐらい

伸ばせば、手が届くのかについて話されます。

 

 

 

 

Gwも終わり、

ここから留学試験、能力試験、そして、

大学、専門学校の入試が始まります。

 

この一年、

志望校に合格するために、

TIBC生

KIBC生

この5月でライバルに差をつけよう!

 

 

 

【難関】αゼミ開始!

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 10:01

先週から、通常講義に加わり、

αゼミもスタートしました。

 

 

 

難関大学進学コースの学生は、

日本語はもちろんですが、

数学、理科の点数でも高得点を目指す必要があります。

 

 

 

 

 

 

朝の通常講義でも、みっちり日本留学試験対策が行われ、

そして、午後は、αゼミに参加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

【αゼミ 化学】

 

 

 

 

【αゼミ 物理】

 

 

「点数に、そして知識にも貪欲に!」

6月の日本留学試験まで2か月を切りました。

αゼミでは通常講義よりも長い2時間の講義が行われます。

 

 

理系学生は、化学、物理、生物、

そして、文系、理系ともに通常講義で数学対策は

行われていますが、

αゼミでも数学対策があり、

通常講義とは違い、大学独自試験レベルの数学対策が行われています。

文系学生は、経済、経営学部を志望する学生が、

国公立大学の受験対策として受講しています。

 

 

 

 

日本留学試験まであと53日…。

学生達は、その日数の重みを理解し、

αゼミ以外の時間は、自習室に残り、

黙々と自習を続けています。

 

 

 

 

日本留学試験の結果後、

自分に言い訳をしないために、

TIBC生

KIBC生

一秒たりとも気を抜くな!

 

 

 

 

TIBCKIBC 授業開始

  • 2018.04.13 Friday
  • 16:02

TIBC、KIBC

授業が始まり、月曜日から金曜日までの全ての授業を

学生達は受けました。

 

 

 

 

トップレベル大学進学コース、難関大学進学コースでは

早速、6月の日本留学試験に向けた授業が行われました。

6月までに難関私立大学を受験できるレベルにまで、

上げるための熱血授業が繰り広げられています。

 

 

日本留学試験の授業では

学んだ解放を身につけるためにひたすら問題に向かいます。

 

 

 

 

 

キャリアデザイン日本語コースの授業では、

6月の日本留学試験で志望大学の出願に必要な高得点を目指して、

そして、7月の日本語能力試験に合格するための授業が

行われています。

 

 

【読解対策テキスト】

 

 

そして、特にキャリアデザイン日本語コースでは

学生が苦手とする読解の対策も重点的に行われ、

・日本留学試験対策

・N1レベル読解対策

・N2レベル読解対策

それぞれ、学生のレベル、試験に合わせたオリジナルテキストを

用いて、「読解の解き方」が教えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業後は、

この文言どおり

 

 

 

 

 

キャリアの学生も、そして、もちろん難関大学進学コースの学生も

残って自習しています。

 

 

 

今年も、学生全員が自身の目標達成に向けて、

一歩ずつ歩み始めました。

 

 

そして、来週から、

いよいよ各科目ごとのαゼミがスタートします!

 

 

この一年、必ず誓約書での誓いを形にするため、

 

 

TIBC生、KIBC生

何事にも全力で立ち向かえ!!

 

 

 

2018年度 入学式

  • 2018.04.09 Monday
  • 10:11

4月6日に入学式を行いました。

 

入学式が行われ、

月曜日からは、いよいよ授業が始まります。

今年一年の抱負を誓う日とあって、

会場内の空気も引き締まっています。

 

そして、

入学式前に、最終確認が行われ、

少し緊張感が漂う中、

本番がスタートしました!

 

 

各クラスごとに入学許可される学生の呼名が終わった後、

代表者1名が壇上に上がり、

当校の伝統でもある「決意表明」が始まりました。

 

「決意表明」とは、クラス全員で守る目標を会場全員の前で誓うことです。

この「決意表明」は、オリエンテーションで長い時間をかけて、

クラス全員で話し合い、決定したものです。

壇上で誓い、この一年、クラスで必ず達成すると、

何百人の前で約束します。

 

 

緊張しながらも、

堂々と壇上に上がり、クラスの誓いを述べました。

 

「東京国際ビジネスカレッジ神戸校」

 

 

トップレベル大学進学コース

TDクラス

決して逃げることなく、決して諦めることなく、

 良きライバルとしてお互いを高めあい、

 トップレベル大学合格という僕らの目指す先に、仲間と一緒に辿り着くことを誓います

 

難関大学進学コース

Dクラス

自分が成長できる一流大学に合格することを目指し、

 受験勉強に集中し、お互いに激励し合います。

 そして、未知の海を冒険し、限界を超えるまで自分の道を踏破することを誓います

 

キャリアデザイン日本語コース

SEクラス

会話など実践的な練習をしてN1に合格し、理想の大学に入ります。

 また、お互いに協力し、いい人間関係を築き、

 共に山を乗り越えることを誓います

 

SI.ラス

今の自分よりワンランク上の進学を目指します。

 メリハリのある行動をとり、クラスのチームワークで乗り越えます。

 普通の留学では終わらせません。

 必ずこの留学を成功させ、社会に選ばれる人間になることを誓います

 

SI▲ラス

N1に合格し、いい人生、明るい未来を目指します。

 そのために、学校で学んだことを生活で運用し、向上心を持って、

 今日やるべきことは明日まで残さず、努力することを誓います

 

HE.ラス

7月にN2に合格するからには全力を出して、

 毎日1時間以上必要なことと苦手なことを自習します。

 そして、どこでも日本語を使います。

 私達のクラスは1年生、2年生共に、将来に向かって夢を叶えることを誓います

 

HE▲ラス

全員が希望する大学や会社に入るために、N1、N2に合格し、出席率100%を保ちます。

 そのために、毎日2時間自習し、いつでも日本語を使うようにします。

 そして、日本人のような日本語が話せるようになることを誓います

 

HEクラス

希望の進学先に行くため、

 試験で高い点数をとれるように学校だけではなく、家でも日本語を使い、

 努力して励ましあうことを誓います

 

HI.ラス

N2に合格するために、N2の語彙や文法を使って、みんなと話します。

 そして、みんなで団結して、学校でトップのクラスになることを誓います

 

HI▲ラス

私たちは12月にN2に合格して、自分の夢を叶えるために、Sクラスへ行きます。

 そのために、毎日家で予習と復習をして、

 学校では日本語をお互いに教え合うことを誓います

 

HIクラス

1年で何としてもN2に合格します。毎日最低1時間自習します。

 ルールを守って一人問題があったら、みんなで助けます。

 母国語は使わないで日本語を使うことを誓います

 

 

「神戸国際ビジネスカレッジ」

 

 

KSEクラス

自ら限界という殻を破るために、人生を変えられる進路に向かい、

 お互いに補い合い、挑戦し行動し達成することを誓います

 

KSIクラス

頂上を目指す登山グループのように、辛くても苦しくても

 仲間と助け合ってN1に合格することを誓います

 

KHEクラス

目標を決め、計画を立てて団結し、熱意努力をもっていい学校に進学するために、

 諦めずに成功させることを誓います

 

KHI.ラス

小さな夢が集まって夜空を照らすように、

 色々な国の人が集まったこのクラスで、助け合いながら全員でN2に合格することを誓います

 

KHI▲ラス

誘惑に負けず出席率No.1を目指し、1年でみんなN2に合格することを誓います

 

代表者はもちろん、見ている学生も含め、誰もが真剣。

これから始まる1年間に対する思いの深さが伺えました。

 

 

 

 

続いて、「校長式辞」

 

 

「4月1日から厳しいオリエンテーションがありました。

 でも、当たり前のことなんですよね。

 これから社会で生きていく上で、

 とても大事なことをこの4日間で学んだのではないでしょうか。」

 

と、オリエンテーション期間を振り返ってお言葉を頂きました。

そして、最後に頂いた

 

「私たちの学校の教育指針は『夢・挑戦・達成』です。

 夢は、見るものではなく、叶えるものです。

 決して諦めずに果敢に挑戦し、

 100%全員が書いた目標を達成するために頑張ってください。」

 

という激励の言葉は学生たちの胸にも響いているでしょう。 

 

 

 

 

「理事長 挨拶」

 

 

「成功するための秘訣は二つあります。

 ヾ脅佞竜せちを忘れないこと

  必ず成功する人というのは、他人への感謝を伝えられる人です。

  そうすると、相手も気持ちいいし、相手も何とかしてあげようと思います。

  結果的に、自分をサポートしてくれる人を増やします。

 

 諦めず、やり続けること

  アメリカの教授による「成功する力=やり抜く力」という言葉があります。

  一つ目標を決めたら、それをやり続けてください。

  人には差があります。

  でも、やり続ける限りは、一つずつ力が伸びていきます。」

 

日本留学を成功させるために、人生の一先輩としてのお言葉を頂きました。

 

 

 

 

そして、当校卒業生による「激励の言葉」

 

 

「努力もせず、先生のサポートも求めず、運だけで進学できるほど

 受験戦争はそんなに甘くありません。

 私は一年をかけて運よく関西学院大学に合格しましたが、

 先生のサポートと自信の努力がなければその成果はありません。

 皆さんも運に頼りたいときには、

 一度自分自身にそれ以外のことは全部やり切ったのかを問いかけてください。

 

自分の経験も踏まえ、新入生たちに熱いアドバイスを贈ってくれました。

 

 

 

在校生による「歓迎の言葉」

 

 

「出席率に厳格であることは、普段は人が注意を払わない隠された理由があります。

 出席率でその人が判断されるからです。学校に日々通うことは、自らの勉強に専念することであり、

 自らの夢と目的に向かって自らの責任を果たすことです。」

 

母国で働いた経験も踏まえ、学校が普段から大切にしていることの重要性を伝えてくれました。

 

「自分の目標達成するため何事をするにもそれの時間を決めて行動するのは大切です。

 それは、何事にも時間が決まっていて、何回もチャレンジできないからです。

 一度の人生だからといって気を緩めないでください。

 短い一度の人生に自分がやりたいことはたくさんあると思います。

 そのため、きちんと計画を作って、行動に移すようにしてください。」

 

学校の先輩として、アドバイスを贈りました。

 

 

 

 

 

そして、最後に「五訓唱和」

 

 

一.時間厳守を心がけよう

二.挨拶を励行しよう

三.何事にも謙虚であろう

四.健康な心身を保とう

五.前向きな考え方をしよう

 

思わず、聞いている人から拍手が沸きあがるほど、

ホール全体に声が響き渡り、全員の声が一つになっていました。

 

 

 

これから、本格的に授業がスタートします!

今までの自信の目標を達成した卒業生たちも、

同じく、この場から始まりました。

これまで日本語学校で積み重ねた様々な知識や経験を自分の力にして、

志望校目指して、努力を続け、

最大限努力した自分を信じ、壁を乗り越えていきましょう。

 

 

TIBC神戸校・KIBC

本格始動です!

目標目指して、突き進め!

 

 

 

 

 

2018年度 新入生オリエンテーション

  • 2018.04.02 Monday
  • 16:17

4月1日から

新年度がスタートしました。

 

当校では、

新入生オリエンテーションが行われました。

 

通常のオリエンテーションは、

1日、2日で終わるのではないかと思われるかもしれませんが、

TIBC神戸校、KIBCでは、4日間かけて

オリエンテーションを行います。

 

この4日間で、

まず、クラス分け試験を行うと同時に、TIBC神戸校・KIBCのルール

そして、試験に合格し、自分が目標とする道に進むための心構えを

徹底的に学びます。

 

 

^Щ◆基本ルール

 

 

「礼に始まり礼に終わる」という言葉がありますが、

当校では、授業と休み時間のけじめをつけるための礼儀として、

あいさつを重んじています。

また、日本語運用力、社会性を伸ばし、

社会から選ばれる人間となるためのルールも伝えられます。

その内容を伝える職員からは

学生に成長し、目標を達成して欲しいという熱意を込めて伝えられていました。

 

 

五訓

 

 

一.時間厳守を心がけよう

二.挨拶を励行しよう

三.何事にも謙虚であろう

四.健康な心身を保とう

五.前向きな考え方をしよう

 

五訓は、日本社会で信用される人になるために、

心に留めておくべき行動指針です。

新入生にこの五訓の意義を伝え、

胸に刻み込むために

何度も唱和しました。

 

とうとう明後日には、新クラスが決定します。

そして、その仲間と共通の目標を立てます。

そして、クラスで気持ちを一つにして、

受験の荒波を乗り越えていきます。

 

 

TIBC神戸校、KIBC

2018年度、始動です!!

 

 

2017年度 進級生オリエンテーション

  • 2018.03.26 Monday
  • 11:22

次年度に向けて、

進級生オリエンテーションが行われました。

 

 

 

進級生は、4月からいよいよ受験の一年が始まります。

まず第一関門として、難関大学進学コース、キャリアデザイン日本語コースともに、

日本留学試験が待ち受けています。

 

多くの学生が目標として挙げている関関同立に合格するには、

日本語の得点では、300点以上必要となります。

点数を取るためには、1問でも多く正解することが求められます。

 

「1問とれるかとれないかで、人生が変わる」

 

その1問を確実にし、高得点を勝ち取るため、オリエンテーションでは、

受験計画、学習法などを徹底的に学びました。

 

 

 

 

 

〕菁度から大学受験を意識して、日本留学試験で高得点を取るための授業に変わること

 

大学独自試験について、出願準備に必要なこと

 

1年間の受験スケジュール

 

て本語能力試験合格、日本留学試験で高得点を取る勉強の仕方

 

 

進級生は、

1年生で日本語を中心に学んできた今年とは違う、

意識を新たにしながら真剣に聞き入っていました。

 

最後には、来年度自分の志望校合格という目標を達成するために、

どのような学習を進めていけばいいか

今日の話を聞き、具体的な学習計画を立てました。

 

学習計画を立てることによって、

自分の苦手分野を伸ばすために、

毎日どの教材を使い、どのような学習を進めるといいか

自分で確認することができます。

 

 

 

1週間後から、新年度が始まります

自分が立てた学習計画を守り、努力を続け、

日本留学試験高得点、そしてN1N2合格し、

第一志望校合格へつなげる。

受験はそんな自分との戦いです。

 

 

TIBC神戸生、KIBC生!

1年後に目標を達成するために、

良いスタートダッシュを切ろう!

 

2017年度 卒業式

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 16:17

3月13日(火)、2017年度卒業式・修了式が行われました。

 

 

 

 

昨年の4月。

入学式と同じ会場で、何百人の前で誓った目標。

1年が経ち、その目標を実現させた学生たちが、

卒業を迎えます。

 

 

 

 

 

 

「卒業証書、修了証書授与」

 

代表者として選ばれた学生は、

壇上に上がり、

この一年間、二年間の自分を

クラスメイトと過ごした日々を懐かしむように、

そして晴れやかな表情で証書を受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「校長式辞」

 

「うちのグループの行動指針として、

 『夢・挑戦・達成』という言葉があります。

 みなさんは、夢を描いて入学し、果敢に挑戦し、

 達成に向けて、頑張ってくれました。」

 

「私の好きな言葉は、『縁』です。

 みなさんは、この2年間で先生、友人と出会いました。

 これからの将来まだまだたくさんの出会いがあると思いますが、

 縁を大切に、これからの進路先で頑張ってください。」

とこれまでの学校生活の振り返りと激励の言葉をくださいました。

 

 

 

 

 

 


「理事長式辞」

 

「日本一の集団がここにいます。

 それは、みなさんが2年間努力してきた成果です。

 みなさんが大切にし続けてきた五訓は、

 人と繋がる力、信頼してもらえる力に繋がっています。」

 

「TOYOTAの言葉にこのようなものがあります。

 『今日の成功は明日の失敗に繋がる』

 常に、今やっていることが正しいのか考えなさいという意味です。

 言われた通りにやることも大事ですが、考えて動くことも大事です。

 今まで学んできたことに、皆さんの考えや取り組みを

 積み重ね、続けられるかが大事だと思います。」

 

私たちが今後それぞれの人生を歩んでいくにあたって、

大切なことを教えてくださり、しっかり胸に刻みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「学生表彰」

 

非漢字圏ながらも、1年でN1を取得し、常に成績トップであり続けた学生に、

そして、キャリアデザイン日本語コースで学び、難関大学コースに進級、

その2年間で国公立大学の合格をつかみ取った学生に、

模範生としてあり続け、

第一志望「神戸大学」「九州大学」合格という大きな夢を叶えた学生に、

それぞれこの1年、努力を惜しまなかった学生に賞が贈られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「送辞」

 

「冬になると、大学の合格発表が届けられてきました。

合格発表を見て喜ぶ先輩方と、肩の荷を下ろしたような先生方の笑顔を見て、

わたしも嬉しく、いつか先輩方と同じように、先生方の誇りになりたいと

思いました」

在校生たちが、抱いている思いを卒業生に伝えました。

「思い出してください、一人で飛行機に乗った日のことを。

しかし、遠い海の向こうから日本へ来た私達が、ここで仲間と出会いました。

友人たちとの絆を人生の宝とし信念をもって、未来を切り拓いてください。」

卒業生、修了生は過去を、

仲間と過ごした日々を懐かしむように、

その言葉に頷き、そしてこれからの未来に向けて、

力強い眼差しで見つめていました。

 

 

 

在校生代表 SIクラス

Vo Van Tuan

 

 

 

 

 

 

 

 

「答辞」

 

「スペインでは大学に入るのは簡単で、逆に卒業するのが難しいです。

日本でも同じだと何の根拠もなく不思議な確信を持っていました。」

なぜ、この学校でもう一年勉強しようと決心したのか、

在校生たちが初心を思い出せるよう、その言葉から答辞が始まりました。

「この学校が他の学校と大きく異なる点は、

同じ目標を目指す学生が集まっているというところです。」

そして、学校生活での思い出を話し始めました。

「それぞれが新しいステップをむかえますが、日本に留学することを

決定した私たち皆は冒険が大好きな人ばかりだと思います。

同じ勇気で大きな心をもって一人一人の人生が幸せで充実した冒険になるように

神様に祈っています」

同じ苦楽を共にし、それぞれの道へ旅立つ卒業生に。

「後輩の皆さん、残りの一年を最大限に活用してください。

今すべきことを楽しみながら今すれば、いつか大成功に繋がると思います」

自身の成功を裏付ける経験を話した後の言葉には重みがあります。

在校生たちは、自分たちに向けられたメッセージを

一言一句聞き逃さないよう真剣な表情で聞いていました。

 

卒業生代表 TDクラス

Palau Andres Javier

 

 

 

 

 

 

 

 

長いようで、短かい一年が終わりを迎えました。

この一年、

日本留学試験全国1位

N1合格

それぞれが「第一志望合格」に向けて、

大きな目標に向けて、小さな目標を達成していきました。

そして、入学当初誓った、

「第一志望合格」

という夢を達成しました。

 

 

 

 

 

後輩たちも、今年の先輩のように夢を叶えるため、

今から受験という戦いが始まります。

しかし、卒業生の言葉を胸に刻み、

冒険心を持って立ち向かっていきます。

 

 

 

 

 

 

TIBC神戸生

KIBC生

卒業おめでとう!!

 

 

 

 

【難関】大阪市立大学 合格

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 15:01

卒業式リハーサル時にもう一つ朗報が飛び込んできました!

 

 

 

昨年度に引き続き、

大阪市立大学の合格です!

 

 

 

大阪市立大学

法学部 合格

<神戸外語教育学院出身>

関 天宝さん

 

 

 

関西学院大学、立命館大学に続き、

3校目の合格発表です!

 

今から一年前、

悔しい思いをして当校への入学を決めました、

そして、その一年後、

今回は笑顔で、第一志望の大学へと進学することができます。

 

 

入学当初はぎりぎりTDクラスというレベルでしたが、

半年で、日本語を340点台にまで伸ばし、

国公立大学受験レベルにまで押し上げました。

そして、私立大学合格後も、自習室に残り、

大阪市立大学に向けての対策を行いました。

 

何事にも手を抜かなかった一年。

それが今回の合格を呼び込みました!

 

本当におめでとう!

 

 

 

 

 

【難関】神戸大学 合格

  • 2018.03.09 Friday
  • 12:52

地元神戸の大学

留学生の倍率も高い大学

当校の学生で誰も合格を掴みとれなかった大学

そして、今年度、

「神戸大学」の合格をTIBC神戸生が掴み取りました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…その合格者は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チーム神大」のこの2人!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸大学

国際人間科学部 合格

〈神戸YMCA学院専門学校 日本語学科出身〉

Palau Andres Javierさん

 

 

 

 

 

神戸大学

経営学部 合格

<メリック日本語学校出身>

申 恩瑤気

 

 

 

当校から、神戸大学に出願するのは、

この2人ということで、

1人ではなく、チームを組んで神戸大学に挑みました!!

 

 

 

この2人のチームワークは入学当初から始まりました。

まずは、お互いが苦手とする漢字語彙克服のため、

一般入試で出題され、

小論文でも使える漢字語彙の勉強を始めました。

テスト形式にし、週に3回。

担任のところへ行き、テストを受け取り競い合っていました。

 

また、お互い一般入試が課されるため、

日々の一般入試対策のみならず、

神戸大学対策も2人で受け、実力を磨いてきました。

 

 

留学生面接で肝となるのは、

「面接」

そのことを知っている2人は、迷わず面接対策に申込みました。

その中で、

今まで神大を受けてきた先輩たちが残してくれたアドバイス、

質問内容を見て、

徹底的に対策を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸大学の結発表後、

当校に駆けつけたPalau Andres Javierさん。

 

 

 

 

ドアを開けたとき、

ぐっと握りこぶしを見せ、職員室がその結果に歓喜しました。

 

 

 

 

興奮冷めあらぬ、といった表情で、

合格発表の瞬間を撮った動画を見せてくれたPalau Andres Javierさん。

 

 

 

掲示される前の緊張感

 

掲示された後の沈黙

 

そして喜び

 

 

 

その様子を何度も語ってくれました。

 

 

 

難関大学、トップレベル大学進学コース担当の講師陣が、

朗報を聞き、「おめでとう」とその一言を伝えに来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「この一年間、本当に苦しかった…

でも、頑張って本当によかった!」

 

 

 

 

 

 

 

その一言が全てを語っています。

自分に厳しく向き合い続けた努力は必ず報われる。

この一年2人が、後輩に結果として見せつけたメッセージです。

 

Palau Andres Javierさんに答辞のことを聞くと

「楽しみにしていてください!」

この一年の思いを全て語ると言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

TIBC神戸生の学生は、

昨年、悔しい思いをしました。

今年、受験で苦しい時期もありました。

しかし、それを乗り越えた学生たちはしっかりと

「合格」という結果に結びつけています。

 

そして、今回はその中でも、

難関中の難関「神戸大学」の合格です。

 

本当におめでとう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

TIBC神戸校

開校初の「神戸大学」合格です!!

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM