【難関】志望理由書αゼミ

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 09:24

前期授業が終わり、

トップレベル大学進学コース、難関大学進学コースの学生は、

9月から出願が始まる

同志社大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学

そして、同じく9月出願の国公立大学の準備に取り掛かります。

 

 

その準備の一つとして、

 

 

 

『志望理由書αゼミ』が開講されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入試の合否を左右する志望理由書。

この志望理由書の内容で、面接前に「どんな人物なのか」が評価されます。

面接での印象をも決めるものであると、その重要性が学生たちに伝えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受かる志望理由書と、落ちる志望理由書。

テキストではその例が紹介され、

講師の口から、受かる志望理由書のポイントが話されました。

学生達は講義を聞きながら、ポイントをしっかりとメモし、

「では、この場合ならこの内容でいいのか」

と質問をしながら、自身が書くべき内容を具体化させていました。

 

 

 

定期試験期間を利用して、

講義後、学生達は早速、自習室にこもり、

志望理由書を書くにあたって必要な材料をまとめていました。

 

 


関西学院大学ツアー、

 

 

 

志望理由書αゼミ、

 

 

次々と入試に向けての準備が始まっています。

この1年、志望校合格に繋げるため、

トップレベル大学進学コース、

難関大学進学コースの学生は

ライバルたちよりも早く行動を起こす必要があります。

 

 

定期試験を終えれば、

面接対策

前期集中では、授業内容が変わり日本留学試験ではなく、

9月入試に向けて入試対策講義が行われます。

 

「夏を制するものは受験を制す」

その言葉の通り、学生たちがこの夏、奮闘する姿をブログでお伝えします!!

 

 

 

日本留学試験 直前対策講座

  • 2018.06.15 Friday
  • 17:00

今日は、日本留学試験を直前に控え、

毎年恒例の「日本留学試験直前対策講座」が行われました。

 

 

 

 

日本語、数学コース1・2、総合科目、化学、生物、物理の全科目の対策授業が行われ、

学生達は仕上げに向け、ラストスパートに入りました。

学生たちは、真剣な眼差しで、一言も聞き漏らさないよう集中しています。

 

 

 

 

 

 

 

勉強の合間のひと休み。お弁当はもちろんカツ入り!

 

 

 

 

午後も引き続き、文系と理系に分かれて勉強します。

 

 

 

 

 

 

「プレッシャーや自分に負けず、この勝負に勝ってほしい!」

そんな思いを込めて、学生達には毎年キットカットを渡しています。

 

 

 

 

 

 

難関大学進学を目指す学生達にとって、留学試験は何よりも大事な勝負。

この日のために、真剣に授業を受け、学校に遅くまで残り自習を続けてきました。

 

ここまで来たら、

最後に必要なのは自分を信じること。

自分の力を出し切って、

志望大学合格への切符を手に入れよう!

 

 

 

【難関】αゼミ開始!

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 10:01

先週から、通常講義に加わり、

αゼミもスタートしました。

 

 

 

難関大学進学コースの学生は、

日本語はもちろんですが、

数学、理科の点数でも高得点を目指す必要があります。

 

 

 

 

 

 

朝の通常講義でも、みっちり日本留学試験対策が行われ、

そして、午後は、αゼミに参加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

【αゼミ 化学】

 

 

 

 

【αゼミ 物理】

 

 

「点数に、そして知識にも貪欲に!」

6月の日本留学試験まで2か月を切りました。

αゼミでは通常講義よりも長い2時間の講義が行われます。

 

 

理系学生は、化学、物理、生物、

そして、文系、理系ともに通常講義で数学対策は

行われていますが、

αゼミでも数学対策があり、

通常講義とは違い、大学独自試験レベルの数学対策が行われています。

文系学生は、経済、経営学部を志望する学生が、

国公立大学の受験対策として受講しています。

 

 

 

 

日本留学試験まであと53日…。

学生達は、その日数の重みを理解し、

αゼミ以外の時間は、自習室に残り、

黙々と自習を続けています。

 

 

 

 

日本留学試験の結果後、

自分に言い訳をしないために、

TIBC生

KIBC生

一秒たりとも気を抜くな!

 

 

 

 

2017年度 卒業式

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 16:17

3月13日(火)、2017年度卒業式・修了式が行われました。

 

 

 

 

昨年の4月。

入学式と同じ会場で、何百人の前で誓った目標。

1年が経ち、その目標を実現させた学生たちが、

卒業を迎えます。

 

 

 

 

 

 

「卒業証書、修了証書授与」

 

代表者として選ばれた学生は、

壇上に上がり、

この一年間、二年間の自分を

クラスメイトと過ごした日々を懐かしむように、

そして晴れやかな表情で証書を受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「校長式辞」

 

「うちのグループの行動指針として、

 『夢・挑戦・達成』という言葉があります。

 みなさんは、夢を描いて入学し、果敢に挑戦し、

 達成に向けて、頑張ってくれました。」

 

「私の好きな言葉は、『縁』です。

 みなさんは、この2年間で先生、友人と出会いました。

 これからの将来まだまだたくさんの出会いがあると思いますが、

 縁を大切に、これからの進路先で頑張ってください。」

とこれまでの学校生活の振り返りと激励の言葉をくださいました。

 

 

 

 

 

 


「理事長式辞」

 

「日本一の集団がここにいます。

 それは、みなさんが2年間努力してきた成果です。

 みなさんが大切にし続けてきた五訓は、

 人と繋がる力、信頼してもらえる力に繋がっています。」

 

「TOYOTAの言葉にこのようなものがあります。

 『今日の成功は明日の失敗に繋がる』

 常に、今やっていることが正しいのか考えなさいという意味です。

 言われた通りにやることも大事ですが、考えて動くことも大事です。

 今まで学んできたことに、皆さんの考えや取り組みを

 積み重ね、続けられるかが大事だと思います。」

 

私たちが今後それぞれの人生を歩んでいくにあたって、

大切なことを教えてくださり、しっかり胸に刻みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「学生表彰」

 

非漢字圏ながらも、1年でN1を取得し、常に成績トップであり続けた学生に、

そして、キャリアデザイン日本語コースで学び、難関大学コースに進級、

その2年間で国公立大学の合格をつかみ取った学生に、

模範生としてあり続け、

第一志望「神戸大学」「九州大学」合格という大きな夢を叶えた学生に、

それぞれこの1年、努力を惜しまなかった学生に賞が贈られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「送辞」

 

「冬になると、大学の合格発表が届けられてきました。

合格発表を見て喜ぶ先輩方と、肩の荷を下ろしたような先生方の笑顔を見て、

わたしも嬉しく、いつか先輩方と同じように、先生方の誇りになりたいと

思いました」

在校生たちが、抱いている思いを卒業生に伝えました。

「思い出してください、一人で飛行機に乗った日のことを。

しかし、遠い海の向こうから日本へ来た私達が、ここで仲間と出会いました。

友人たちとの絆を人生の宝とし信念をもって、未来を切り拓いてください。」

卒業生、修了生は過去を、

仲間と過ごした日々を懐かしむように、

その言葉に頷き、そしてこれからの未来に向けて、

力強い眼差しで見つめていました。

 

 

 

在校生代表 SIクラス

Vo Van Tuan

 

 

 

 

 

 

 

 

「答辞」

 

「スペインでは大学に入るのは簡単で、逆に卒業するのが難しいです。

日本でも同じだと何の根拠もなく不思議な確信を持っていました。」

なぜ、この学校でもう一年勉強しようと決心したのか、

在校生たちが初心を思い出せるよう、その言葉から答辞が始まりました。

「この学校が他の学校と大きく異なる点は、

同じ目標を目指す学生が集まっているというところです。」

そして、学校生活での思い出を話し始めました。

「それぞれが新しいステップをむかえますが、日本に留学することを

決定した私たち皆は冒険が大好きな人ばかりだと思います。

同じ勇気で大きな心をもって一人一人の人生が幸せで充実した冒険になるように

神様に祈っています」

同じ苦楽を共にし、それぞれの道へ旅立つ卒業生に。

「後輩の皆さん、残りの一年を最大限に活用してください。

今すべきことを楽しみながら今すれば、いつか大成功に繋がると思います」

自身の成功を裏付ける経験を話した後の言葉には重みがあります。

在校生たちは、自分たちに向けられたメッセージを

一言一句聞き逃さないよう真剣な表情で聞いていました。

 

卒業生代表 TDクラス

Palau Andres Javier

 

 

 

 

 

 

 

 

長いようで、短かい一年が終わりを迎えました。

この一年、

日本留学試験全国1位

N1合格

それぞれが「第一志望合格」に向けて、

大きな目標に向けて、小さな目標を達成していきました。

そして、入学当初誓った、

「第一志望合格」

という夢を達成しました。

 

 

 

 

 

後輩たちも、今年の先輩のように夢を叶えるため、

今から受験という戦いが始まります。

しかし、卒業生の言葉を胸に刻み、

冒険心を持って立ち向かっていきます。

 

 

 

 

 

 

TIBC神戸生

KIBC生

卒業おめでとう!!

 

 

 

 

【難関】授業最終日

  • 2018.03.05 Monday
  • 09:13

授業最終日。

 

 

難関大学進学コースでは

最後の授業でプレゼンテーションが行われました。

 

学生たちはこの1年間、学んだ知識と力、

チームの力を総動員して本番に臨みました。

 

 

テーマは、「今の社会に対する疑問点」

それぞれが社会に対して抱いた疑問点、

それに対して様々な角度からアプローチをし、

原因を解き明かしていました。

 

 

 

 

 

 

この1年で培った日本語力と

コミュニケーション力を用いて、

力強く話す姿が見られました。

 

 

 

 

 

時にはユーモアを交えつつも、

「相手にどうすれば効果的に伝わるのか」

それを踏まえて学生たちは話していました。

 

 

 

 

 

 

自分たちが生まれたところの現状

そして、生活して知った日本の現状

この2つの視点から、

話しを聞く学生も真剣にテーマについて考え、

意見を出し合っていました。

 

 

 

この1年、磨いたものは受験に勝つための知識だけではありません。

日々の「日本語」の授業、

社会について学ぶ「地理、歴史、政治、経済」の授業、

パソコンのスキルを磨く「PC演習」

マナー、所作、そして効果的に話す方法についても学んだ「ビジネスマナー」の授業、

全ての授業を通して、

今だけでなく将来に繋がる知識と力を身に付けました。

 

 

 

 

 

 

 

この1年、真剣に机に向かいました。

 

 

 

 

 

苦しい受験勉強だけでなく、

時には、笑いもあり、

この1年苦楽を共にした仲間たちと励まし合いました。

 

 

 

あとは、

国公立の発表を待つのみ…。

 

 

 

この1年の努力が確実に結ばれることを、

学生全員で運を呼び込みます!!

 

 

TIBC神戸生

第一志望合格を掴み取れ!

 

 

 

 

 

【難関】プレゼンテーションに向けて

  • 2018.03.02 Friday
  • 14:47

25日の国公立大学入試を終え、

授業も残すところあと1日となりました。

 

 

この一年間の集大成として、

当校では毎年、全ての日本語力を必要とする

プレゼンテーションが行われます。

 

 

社会で起こることに対する疑問点、

それをテーマに社会の現状とどのような関わりがあるのかについて

パワーポイントを使って発表をします。

 

 

 

 

PC演習、そしビジネスマナーで学んだ立ち居振る舞いの知識、

それを総動員し、

学生達は来週の月曜日の発表に向けて、

準備を進めています。

 

 

 

 

 

この1年…。

同じ、第一志望合格という夢に向けて苦楽を共にしてきた仲間たちと、

協力し合って一つのものを作り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

授業後は、

6月は日本留学試験に向けて

9月は私立大学受験に向けて

2月は国公立大学受験に向けて

毎日残っていた自習室で仲間たちと共に作業を続けていました。

 

 

 

 

「先生、この一年ありがとう。

結果はまだ出ていないけど、本当にここで頑張ってよかった」

 

25日の入試を終え、力を出し切った学生たちは、

全員口を揃えてそう述べます。

 

「後は、悔いのないよう最後までやり抜きます」

 

何事にも手を抜かぬ姿勢が、

合格を呼び込んできました!

 

 

 

 

残すところあと1日…

 

TIBC神戸生

この一年、悔いの残らぬよう

全力を出し切れ!!

 

 

【難関】決戦日まであと…

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 09:46

トップレベル、難関大学進学コースは

2月25日までいよいよあと3日となりました。

 

 

 

2月25日は、

数多くの国公立大学の入試日が重なっています。

当校の学生にとっては、

入学当初から目標にしていた第一志望校の入試日です。

 

 

 

 

1月に入り、

授業内では、日本語、数学、理科などが、

独自試験対策用のテキストに変わり、

この25日入試に向けた授業、

大阪大学

大阪市立大学

神戸大学

など関西の国公立対策に加え、

旧帝国大学の対策も行われてきました。

 

 

 

 

 

学生達も、授業内で問題を解き、

そして自習室で復習をする、

何としてでも合格を掴み取るために、

机に向かっています。

 

 

 

 

 

学校内のスローガンである

「明日やろうは馬鹿やろう」

入試日までまだ時間があるから…

その一言、その考えが命取りです。

学生達は、その意味を理解しているからこそ、

毎日遅くまで残って自習しています。

 

 

 

TIBC神戸生

本番は2月25日日曜日、

この一年間、

積み重ねた力を100%発揮し、

第一志望合格を掴み取れ!!

 

第2回日本留学試験

  • 2017.11.13 Monday
  • 15:32

11月12日は、

2017年度第2回日本留学試験が

行われました。

 

 

受験生にとっては、最後の受験であり、

国公立に出願するための書類となるため、

会場は、国公立大学を志望する留学生であふれていました。

 

 

開場前の神戸会場の様子です。

 

 

いつもの通りの自分で、

リラックスして試験にのぞむために、

学生達も早めに到着し、

「黙っていたら緊張するから、日本語の耳にするためにも

喋っていよう。」

と日本語で会話をしていました。

 

 

大学、専門学校で出願資格として課される重要な試験。

難関大学進学コース、キャリアデザイン日本語コースでは、

この日のために、対策を行ってきました。

「頑張れ!」という教員の力強い応援に応えるように、

「頑張ります!」という言葉と少し緊張した笑顔を見せつつ、

会場に入っていきました。

 

 

〈大阪会場〉

 

 

 

 

日本留学試験は志望校合格に向けての第一関門に過ぎません。

しかし、この結果次第で、これから始まる入試の明暗を分けます。

 

 

 

高得点を勝ち取り、

合格という感動のエンディングへ向けての一歩を、

踏み出せ!TIBC神戸生!KIBC生!

 

 

 

 

 

 

【難関】日本留学試験直前対策

  • 2017.11.11 Saturday
  • 16:53

11月10日。

日本留学試験まで、あと2日となりました。

そして、当校では、

日本留学試験前最後の日のため、

トップレベル大学、難関大学進学コース恒例の

「日本留学試験直前対策」が行われました。

 

 

 

朝から夕方まで、計6時間の対策講義です!

・日本語

・数学コース機↓

・総合科目

・理科(化学、物理、生物)

最初は日本語から始まり、理系、文系ごとに別れて

各科目90分間みっちりと対策講義が行われました。

 

 

 

 

 

 

〈直前対策 日本語〉

 

 

 

〈直前対策 総合科目〉

 

 

 

〈直前対策 数学〉

 

 

 

〈直前対策 理科〉

 

 

 

 

日本語ならば、349点と350点の違い、

総合科目、数学ならば169点と170点との違い、

理科であれば、69点と70点の違い、

その一点があるかないかで、大学が点数を見た時の印象は大きく変わります。

直前といえどもまだできることはある。

その点数を取るための最終確認として、

問題の傾向、そしてその解き方を講師から学生たちに伝えられました。

 

 

 

 

 

90分という時間の中で、

講師は余すところなく伝え、

学生たちは一言一句聞きのがすまいと

終始真剣な表情です。

 

 

 

そして、 

6時間の対策後は、各講師陣から

激励メッセージが贈られました。

 

 

いよいよ今日は

日本留学試験本番…。

泣いても笑っても最後のチャンスです。

 

 

TIBC神戸生

1問も落とさぬ精神で

最高点を掴みとれ!!

2017年度 関西学院大学ツアー

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 09:30

関西では、8月下旬の同志社大学の出願を皮切りに、

関西圏の大学の出願がスタートします。

 

そして、当校では、日本留学試験後に

毎年恒例の「関西学院大学ツアー」が行われました。

 

 

関西学院大学は、

・学習環境

・学習内容

・就職までのサポート体制

などの充実さでは関西屈指の大学であり、日本人学生だけでなく、

留学生にも人気のある大学です。

 

 

そして、「関西学院大学ツアー」では、

実際に大学で学ぶ様子が見られるだけでなく、

大学に合格するための、

・入試傾向

・面接でのポイント

・求められる学生像

パンフレットや募集要項には載っていない情報まで説明されます。

 

 

 

関西学院大学志望、これから私立大学入試を控える

難関大学進学コースの学生達と

日本語学校の学生さんさんも参加し、

学内を見学しました。

 

 

 

 

 

入試説明会では、

・卒業した留学生の就職先

・各学部で学ぶ内容

・試験内容

などが、説明されました。

 

 

その話を聞く学生たちは、

「いよいよ、入試の準備が始まる」

と強く感じ、一言一句聞き逃すまいと、

真剣な表情で話を聞いていました。

 

 

 

 

現在、関西学院大学に通う先輩の話では、

2年前、当校を卒業した董書運さんが、

・現在大学でどのようなことを勉強しているのか

・受験生だった頃、何を中心に勉強をしたか

などを、後輩たちに話しました。

 

 

その後の質疑応答の時間では、

・面接した中で「欲しい」と思える学生は

・面接試験では何を重視しているか

・関学でしか学べない強みは

・試験内容に変更があった理由は

など、参加した学生たちは少しでも情報を得ようと、

質問をし、耳寄りな情報も多く話されていました。

 

 

 

ツアーに参加した学生たちは、

・独自試験対策をしたいので過去問題が欲しい

・志望理由書対策までにすることは何か

と聞くなど、受験に対する意識が高まっていました。

 

今回のキャンパスツアーは神戸、
大阪の日本語学校の学生さんの参加もあり、
関西学院大学を目指す学生にとって貴重な時間となりました。

 

 

 

 

 

TIBC神戸生

明日から、ではなく、

今日から、受験準備を始め、

ライバルたちと差をつけよう!!

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM