進路面談

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 11:12

GWが終わり、

6月には、日本留学試験が控え、

7月には、日本語能力試験が待ち構えています。

 

 

 

TIBC、KIBCでは、

GW明けから進路面談が行われています。

 

 

 

 

まずは「学習計画」

偏った分野に集中しがちな学生には、

苦手とする分野を指摘し、

苦手分野を克服するよう、担任から伝えられます。

 

 

そして、苦手分野を知った学生は、

担任から克服する方法を聞き、

分野別に分かれた自習用学習プリントを取っていました。

 

 

 

 

次に「進路」についてです。

 

難関大学進学コースでは、

9月に控える国公立、

関関同立、MARCH受験に向けての準備について話されます。

そして、そのためには、

3科目の合計をどれぐらい伸ばせばいいのか、

その具体的な数字まで伝えられます。

 

 

キャリアデザイン日本語コースでも、

志望校に合格するためには、

N2、そして日本留学試験の点数で日本語の点数をどれぐらい

伸ばせば、手が届くのかについて話されます。

 

 

 

 

Gwも終わり、

ここから留学試験、能力試験、そして、

大学、専門学校の入試が始まります。

 

この一年、

志望校に合格するために、

TIBC生

KIBC生

この5月でライバルに差をつけよう!

 

 

 

2018年度 入学式

  • 2018.04.09 Monday
  • 10:11

4月6日に入学式を行いました。

 

入学式が行われ、

月曜日からは、いよいよ授業が始まります。

今年一年の抱負を誓う日とあって、

会場内の空気も引き締まっています。

 

そして、

入学式前に、最終確認が行われ、

少し緊張感が漂う中、

本番がスタートしました!

 

 

各クラスごとに入学許可される学生の呼名が終わった後、

代表者1名が壇上に上がり、

当校の伝統でもある「決意表明」が始まりました。

 

「決意表明」とは、クラス全員で守る目標を会場全員の前で誓うことです。

この「決意表明」は、オリエンテーションで長い時間をかけて、

クラス全員で話し合い、決定したものです。

壇上で誓い、この一年、クラスで必ず達成すると、

何百人の前で約束します。

 

 

緊張しながらも、

堂々と壇上に上がり、クラスの誓いを述べました。

 

「東京国際ビジネスカレッジ神戸校」

 

 

トップレベル大学進学コース

TDクラス

決して逃げることなく、決して諦めることなく、

 良きライバルとしてお互いを高めあい、

 トップレベル大学合格という僕らの目指す先に、仲間と一緒に辿り着くことを誓います

 

難関大学進学コース

Dクラス

自分が成長できる一流大学に合格することを目指し、

 受験勉強に集中し、お互いに激励し合います。

 そして、未知の海を冒険し、限界を超えるまで自分の道を踏破することを誓います

 

キャリアデザイン日本語コース

SEクラス

会話など実践的な練習をしてN1に合格し、理想の大学に入ります。

 また、お互いに協力し、いい人間関係を築き、

 共に山を乗り越えることを誓います

 

SI.ラス

今の自分よりワンランク上の進学を目指します。

 メリハリのある行動をとり、クラスのチームワークで乗り越えます。

 普通の留学では終わらせません。

 必ずこの留学を成功させ、社会に選ばれる人間になることを誓います

 

SI▲ラス

N1に合格し、いい人生、明るい未来を目指します。

 そのために、学校で学んだことを生活で運用し、向上心を持って、

 今日やるべきことは明日まで残さず、努力することを誓います

 

HE.ラス

7月にN2に合格するからには全力を出して、

 毎日1時間以上必要なことと苦手なことを自習します。

 そして、どこでも日本語を使います。

 私達のクラスは1年生、2年生共に、将来に向かって夢を叶えることを誓います

 

HE▲ラス

全員が希望する大学や会社に入るために、N1、N2に合格し、出席率100%を保ちます。

 そのために、毎日2時間自習し、いつでも日本語を使うようにします。

 そして、日本人のような日本語が話せるようになることを誓います

 

HEクラス

希望の進学先に行くため、

 試験で高い点数をとれるように学校だけではなく、家でも日本語を使い、

 努力して励ましあうことを誓います

 

HI.ラス

N2に合格するために、N2の語彙や文法を使って、みんなと話します。

 そして、みんなで団結して、学校でトップのクラスになることを誓います

 

HI▲ラス

私たちは12月にN2に合格して、自分の夢を叶えるために、Sクラスへ行きます。

 そのために、毎日家で予習と復習をして、

 学校では日本語をお互いに教え合うことを誓います

 

HIクラス

1年で何としてもN2に合格します。毎日最低1時間自習します。

 ルールを守って一人問題があったら、みんなで助けます。

 母国語は使わないで日本語を使うことを誓います

 

 

「神戸国際ビジネスカレッジ」

 

 

KSEクラス

自ら限界という殻を破るために、人生を変えられる進路に向かい、

 お互いに補い合い、挑戦し行動し達成することを誓います

 

KSIクラス

頂上を目指す登山グループのように、辛くても苦しくても

 仲間と助け合ってN1に合格することを誓います

 

KHEクラス

目標を決め、計画を立てて団結し、熱意努力をもっていい学校に進学するために、

 諦めずに成功させることを誓います

 

KHI.ラス

小さな夢が集まって夜空を照らすように、

 色々な国の人が集まったこのクラスで、助け合いながら全員でN2に合格することを誓います

 

KHI▲ラス

誘惑に負けず出席率No.1を目指し、1年でみんなN2に合格することを誓います

 

代表者はもちろん、見ている学生も含め、誰もが真剣。

これから始まる1年間に対する思いの深さが伺えました。

 

 

 

 

続いて、「校長式辞」

 

 

「4月1日から厳しいオリエンテーションがありました。

 でも、当たり前のことなんですよね。

 これから社会で生きていく上で、

 とても大事なことをこの4日間で学んだのではないでしょうか。」

 

と、オリエンテーション期間を振り返ってお言葉を頂きました。

そして、最後に頂いた

 

「私たちの学校の教育指針は『夢・挑戦・達成』です。

 夢は、見るものではなく、叶えるものです。

 決して諦めずに果敢に挑戦し、

 100%全員が書いた目標を達成するために頑張ってください。」

 

という激励の言葉は学生たちの胸にも響いているでしょう。 

 

 

 

 

「理事長 挨拶」

 

 

「成功するための秘訣は二つあります。

 ヾ脅佞竜せちを忘れないこと

  必ず成功する人というのは、他人への感謝を伝えられる人です。

  そうすると、相手も気持ちいいし、相手も何とかしてあげようと思います。

  結果的に、自分をサポートしてくれる人を増やします。

 

 諦めず、やり続けること

  アメリカの教授による「成功する力=やり抜く力」という言葉があります。

  一つ目標を決めたら、それをやり続けてください。

  人には差があります。

  でも、やり続ける限りは、一つずつ力が伸びていきます。」

 

日本留学を成功させるために、人生の一先輩としてのお言葉を頂きました。

 

 

 

 

そして、当校卒業生による「激励の言葉」

 

 

「努力もせず、先生のサポートも求めず、運だけで進学できるほど

 受験戦争はそんなに甘くありません。

 私は一年をかけて運よく関西学院大学に合格しましたが、

 先生のサポートと自信の努力がなければその成果はありません。

 皆さんも運に頼りたいときには、

 一度自分自身にそれ以外のことは全部やり切ったのかを問いかけてください。

 

自分の経験も踏まえ、新入生たちに熱いアドバイスを贈ってくれました。

 

 

 

在校生による「歓迎の言葉」

 

 

「出席率に厳格であることは、普段は人が注意を払わない隠された理由があります。

 出席率でその人が判断されるからです。学校に日々通うことは、自らの勉強に専念することであり、

 自らの夢と目的に向かって自らの責任を果たすことです。」

 

母国で働いた経験も踏まえ、学校が普段から大切にしていることの重要性を伝えてくれました。

 

「自分の目標達成するため何事をするにもそれの時間を決めて行動するのは大切です。

 それは、何事にも時間が決まっていて、何回もチャレンジできないからです。

 一度の人生だからといって気を緩めないでください。

 短い一度の人生に自分がやりたいことはたくさんあると思います。

 そのため、きちんと計画を作って、行動に移すようにしてください。」

 

学校の先輩として、アドバイスを贈りました。

 

 

 

 

 

そして、最後に「五訓唱和」

 

 

一.時間厳守を心がけよう

二.挨拶を励行しよう

三.何事にも謙虚であろう

四.健康な心身を保とう

五.前向きな考え方をしよう

 

思わず、聞いている人から拍手が沸きあがるほど、

ホール全体に声が響き渡り、全員の声が一つになっていました。

 

 

 

これから、本格的に授業がスタートします!

今までの自信の目標を達成した卒業生たちも、

同じく、この場から始まりました。

これまで日本語学校で積み重ねた様々な知識や経験を自分の力にして、

志望校目指して、努力を続け、

最大限努力した自分を信じ、壁を乗り越えていきましょう。

 

 

TIBC神戸校・KIBC

本格始動です!

目標目指して、突き進め!

 

 

 

 

 

【KIBC】文化交流会

  • 2017.11.24 Friday
  • 19:09

1117日に

きらめき保育園との文化交流会が行われました。

 

1年生クラスは園児たちと合同で体育遊びを、

2年生中心のクラスは発表を行いました。

 

まずは、朝から園児たちと一緒に体育遊びをしました。


 

園児とペアを組んで準備体操


 

歌に合わせて体操をしたり、じゃんけんゲームをしたりしました。

普段体を動かす機会があまりないせいか、学生からは、

「痛い、痛い」という言葉が聞こえていました。

 

体育遊びが終わると、今度は学生たちが

3つのチームに分かれて発表を行いました。

子どもに伝わるように話すとなると、

普段、大人相手に話している日本語とは、

また違った言い方が必要です。

 

まずは文化紹介のチーム

 

それぞれの国のあいさつや国旗、国花など、

写真などを使って紹介しました。

 

次はのチーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムの童話を日本語で披露。

園児たちの真剣な表情に緊張しながらも

わかりやすい日本語でうまく伝えていました。

 

最後は遊びのチーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物の被り物をかぶって簡単なゲームをしました。

 

園児たちに伝わるような日本語で発表をすることに、

最初は戸惑い、不安げな顔をしていましたが、

子どもたちの笑顔を見て緊張もほぐれた様子でした。

 

学生たちの発表が終わった後は、

きらめき保育園の園児たちが、

よさこいパラバルーンを披露してくれました。

 

一生懸命踊っている様子をみんな笑顔で見ていました。

 

プレゼントとしてもらった手作りの首飾りをかけて、

みんなで記念撮影。

 

 

今回の課題は「子供たちが楽しめるもの」にするということでした。

ただ自分がしたいことだけをする、自分のことだけを考えるのではなく、

相手の立場に立って考えることの大切さ、難しさを実感感したことでしょう。

そして、きらめき保育園の子どもたちにとっては、

彼らが初めてあう外国人のお兄さん、お姉さんになるということもあり、

初めての異文化体験だったと思います。

 

また、この日のために各国の風景や建造物を描いたちぎり絵と、

自国の文化を紹介するための展示物を作成しました。

<ヒマラヤ山脈>


<スリランカの文化紹介>

<展示物作成の様子>

 

 

「留学生のみなさん、これからも勉強頑張ってください」

という園児からの言葉を胸に、休むことなく全力で突き進もう!

【TIBC】文化祭

  • 2017.11.20 Monday
  • 18:19

11月17日、

クラーク記念国際高等学校三ノ宮キャンパスと合同文化祭が実施されました。

 

文化祭は、日頃日本語を学ぶ学生たちにとって、

学業から離れて、リフレッシュできる場であるとともに、

日本人と交流し、生の日本語に触れ合える貴重な機会です。

 

まずは、難関大学進学コースの模擬店では、

初めての試みである「汁なし坦々麺」

 

 

少しピリッとした辛味が大好評!

準備段階で、

調理担当の学生が、「どのような辛さがお客様に好まれるか」と考え

試行錯誤を繰り返したこともあり、当日は大人気でした。

 

 

次は、キャリアデザイン日本語コースの模擬店として、

毎年恒例のベトナムのデザートである「チェー」

 

 

お客様の好みに合わせて、

温かいものと冷たいものと2種類作るという

意欲と大変でも努力したかいあって

昼には予定していた数全てのチェーが完売!

本人たちも驚きの大盛況となりました。

 

 

続いて、「ベトナムコーヒー」を出すカフェ。

ベトナムコーヒーで有名なメーカーをもじって、店の名前を「G7カフェ」と名づけ、

民族衣装での接客を行い、大好評でした。

 

 

 

そして、野球盤、射的、ピンボールといった「ミニゲーム」を行ったクラスもありました。

「たくさんのお客様に来て頂くにはどうすればいいか」と

事前にリーダーを中心に念入りに話し合い、対策を講じたおかげで、大盛り上がり!

 

 

 

また、今年は、新しく「理科実験教室」と名づけ、

普段の自然科学の授業で行っている学習の成果発表として、

「地震」に関する製作発表及び実験を行いました。

地球の内部構造の紹介や断層実験、津波の広がり方の実験などを行い、

日本語を使って一生懸命説明する姿が印象的でした。

 

 

 

2階のメインステージで活躍していた学生もいます。

毎年恒例のカラオケ大会に、2名の学生が参加しました。

 

 

その結果、キャリアデザイン日本語コースのBさんが3位、

Tさんが見事準優勝を飾りました。

母語ではない日本語の歌を歌い、賞を勝ち取って、

学生の自信にもなったと思います。

 

 

文化祭を通して、

クラスの団結力を高めるだけでなく、

たくさんの日本人と交流することで、

日本語の運用力を試し、

より磨くきっかけにもなったのではないのでしょうか。

 

 

 

あと1週間で日本語能力試験!

行事も勉強も一生懸命なのがTIBC生。

明日から頭を切り替え、

絆が強まった教員、学生全体で合格に向けて走りぬけ!

 

 

 

 

 

 

日本留学試験公開模擬試験

  • 2017.05.29 Monday
  • 15:38

6月18日の「日本留学試験」まで、

あと、20日となりました。

 

 

 

当校では、毎年、5月と10月に、本番前の腕試しとして、

「日本留学試験公開模擬試験」を実施しています。

 

 

 

 

 

 

そして、今年も、

5月27日(土)神戸会場

5月28日(日)大阪会場

と2会場で模擬試験が行われました。

これまでの「日本語」に加え、

・総合科目

・数学コース

・数学コース

・理科(化学、物理、生物)

「専門科目」も加わり、3科目総合点の力を測ることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西の日本語学校の学生、

500人以上が受験する公開模擬試験です。

普段とは違い、他校の学生の中に混じって受けられるとあって、

会場には緊張感が漂っていました。

 

 

 

この成績の結果で、

今の実力でどれくらいの点数が取れるのか、

今の自分には何が不足しているのかがわかるだけではなく、

科目別にも受験者の中での自分の順位がわかるため

今後、大学受験にあたり自身のライバルが

どれくらいいるのかを把握することができます。

 

 

 

 

 

 

試験の結果は

1週間後に日本語学校様宛てに郵送されます。

 

 

 

 

 

当校の学生も、成績が発表され次第、

弱点を分析し、1問でも多く正解に繋げるため、

試験前の最終調整に入ります。

 

 

そして、TIBC生は試験終了後も、

日本留学試験で高得点を獲得するために、

残って自習を続けていました。

 

 

 

 

TIBC生、

日本留学試験で一問でも多く

正解を掴み取るため

粉骨砕身努力せよ!!

 

 

 

オリエンテーション最終日

  • 2017.04.07 Friday
  • 10:01

4日間にも及ぶオリエンテーションの最終日です。

 

この3日間で、

ルール

一年の過ごし方

誓約書

など授業を行う前の注意事項や心構えなどが

学生たちに説明されました。

 

 

最終日は、このオリエンテーションの大きな目的である

「クラス決意表明」が決められます。

一年の過ごし方が教えられ、

クラスメイト全員が達成する

この一年間の目標が設定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

個人で目標を設定するのではなく、

クラス全体で目標を設定します。

 

なぜ目標を設定するのか、

〔槁犬妨けての計画を立てやすくすること

我慢しなければ実現できない目標を設定することで、

 自分に甘くならないようにすること

クラス全体の目標とすることで、クラスでの結束力を高め、

 困難な状況でも、高め合いながら取り組むこと

ぬ槁犬鯊臉の前で誓うことで、やぶれないものにすること

 

その意義が担任教師から

学生に伝えられました。

 

 

 

 

 

各クラスでは様々な意見が飛び交い、

熱い議論が交わされました。

 

 

 

そして、一時間かけ、

クラスのカラーが出た目標が作られました。

このクラスでの目標は、

「決意表明」

として、入学式に大勢の前で誓われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度、

難関大学進学コース、TDクラスでは、





「私たちTDクラスは、
知識面、人間面の両面で成長し、目標に向かって決して迷わず、
その過程を楽しみながら目の前のハードルを乗り越えていきます。
そして、TIBC神戸校のリーダークラスとして、
各クラスという列車を引っ張るという役目を果たしながら、
自らトップレベル大学合格を目指すことを誓います。」

 

というクラス目標が立てられました。

その言葉通り、昨年度のTDクラスは、

日本留学試験、日本語満点から始まり、

早稲田大学、大阪市立大学、大阪教育大学

など、数々のトップレベル大学の合格を掴み取りました。

 

 

 

 

 

 

 

キャリアデザイン日本語コース、SEクラスでは、






「私たちSEクラスは、
5か国の仲間と共に学ぶことで、日本人に負けない日本語力を
身に付けます。そして将来それぞれの世界で輝く人になるために、
けじめを持って、挑戦し続けることを誓います。」

 

 

という目標が立てられました。

SEクラスは、1年日本語の運用力を伸ばし、

この1年で受験に専念する、という2年生が大半を占めるクラスでした。

1年目は、N2に合格、

2年目、日本留学試験250点以上、N1合格

最後には、入学当初からの目標であった

自らの専門分野が学べる大学、専門学校へと進学しました

 

 

今年度の学生も、

この誓いを形にするため、

まずは、入学式に大勢の前で宣誓します。

 

 

 

今年度は、どのような目標が立てられたのか、

その内容は、入学式当日のブログでお伝えします!

 

 

 

2017年度新入生オリエンテーション

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 15:07

卒業式を終え、

4月1日から、

新年度がスタートしました。

 

 

そして、当校では、

新入生オリエンテーションが行われました。

 

通常のオリエンテーションは

1、2日で終わるものですが、

TIBC神戸校、KIBCでは、

5日間かけてオリエンテーションを行います。

 

この5日間で、

まず、TIBC神戸校・KIBCのルール

そして、試験に合格し、成功するための心構えを

徹底的に学びます。

 

 

 

 

 

,△い気帖Υ靄椒襦璽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五訓

一.時間厳守を心がけよう

二.挨拶を励行しよう

三.何事にも謙虚であろう

四.前向きな考え方をしよう

五.健康な心身を保とう

 

新入生には、

この五訓を作った意義を伝え、

胸に刻み込むために、

何度も唱和をしました。

 

 

 

そして、明日は

合同クラスではなく新クラスが決定し、

この一年間を共にする仲間が決まります。

 

仲間と共通の目標を立てます。

その目標は、

必ず実現させるために、

入学式で、全体の前で誓うものです。

 

 

それぞれのクラスの様子は、

また明日のブログでも紹介します!

 

 

大阪市立大学対策講座

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 12:12

2月25日に国公立大学受験を控え、

2月から、対策講座が開講されています。

 

・大阪大学対策

・大阪市立大学対策

 

 

当校の学生のみならず、受験者が

集中する大学の過去問題の

演習と解説の授業が行われています。

 

 

 

 

「冬期公開大阪市立大学対策講座」

 

 

商学部志望者の学生は

独自試験として「英語」が課され、

大阪市立大学では、留学生用の試験ではなく、

全て日本人と同じ一般入試の問題が出題されます。

 

そのため、英語力のみならず、

面接では日本人と同等の日本語力も必要となってきます。

 

 

そして、当校では

日本人の予備校でも対策授業を行っている講師による、

問題傾向

解き方

を留学生向けの解説で3時間、

白熱した授業が行われています。

 

 

 

 

 

 

そして、

25日の本番まで残すところあと、

3日となりました。

悔いの残らないよう、

学生たちは入試に向けて着々と準備を進めています。

初詣

  • 2017.01.09 Monday
  • 15:08

謹んで新春のご挨拶申し上げます。

 

 

 

新しい年を迎え、

TIBC神戸生、KIBC生にとっては、

卒業まであと3か月となりました。

 

しかし、その卒業までには、

国公立受験という大きな壁がそびえ立っています。

 

 

その壁を乗り越えるために、

実力だけではなく、運も味方につけるため、

学生たちと共に初詣に行きました。

 

 

 

 

 

 

初詣で向かったのは、

「生田神社」です。

人々の生活が豊かになるよう、一般、企業の

繁栄を守ると言い伝えられており、

合格のために参拝する受験生も数多くいます。

 

 

 

 

 

 

 

手を清めた後は、本殿へとお参りをしました。

 

 

 

 

 

受験生にとっては最後の勝負の時。

難関大学進学コースの学生は、

「国公立大学の合格を」

キャリアデザイン日本語コースの学生は、

「専門学校、大学の合格を」

それぞれが、自分の夢を達成させたいという願いがあり、

祈る表情も真剣です。

 

 

そして、もう一つ、

運を味方にするために「おみくじ」を引きました。

今年初めての運試しです。

 

 

 

 

 

 

 

結果は…

「願い事叶う」

「総べて良過ぎる程」

と書かれた「大吉」のおみくじを引いた学生は

何人もいました。

 

最も必要とされるものは、

「実力」ですが、

「運」も味方につけて、

確実に合格を狙います。

 

 

 

 

 

今週から、通常講義がスタートします。

キャリアデザイン日本語コースでは、

入試時にライバルたちに差をつけるための日本語力を

身につけるための授業を、

そして、難関大学進学コースでは、

大学ごとの入試対策の

授業が始まります。

 

TIBC生

KIBC生

2016年同様、

2017年も合格の嵐を巻き起こせ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功体験発表会

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 12:45

1月から2月25日入試の国公立大学の出願が

スタートします。

そして、当校では、

国公立大学への準備を着々と進める学生たちを鼓舞するべく、

国公立大学を受験し、

合格を掴みとった卒業生による

「成功体験発表会」が行われました。

 

 

 

 

 

当校でも毎年志望者の多い「大阪大学」

関西の留学生から人気の「兵庫県立大学」

そして「大阪市立大学」「信州大学」など

各学部ごとの卒業生による体験談が

話されました。

 

 

 

 

 

 

まずは

ー験校

1校だけで勝負するのではなく、

どのような基準で受験する大学を決めるのか

∋邯各睛

私立大学と国公立大学の試験内容の違い

そして口頭試問、面接で聞かれる内容の違い

残り2ヶ月の勉強法

国語、数学、理科など、

特にどのような問題をすればよいか

面接対策のために何をするべきか

 

などを中心に勉強法以外にも

メンタルを維持する方法など、

あらゆる角度から合格する秘訣

話されました。

 

そして、

実際には成功ばかりではなく、

先輩自身がTIBC在籍時に経験した挫折、失敗、後悔などを含めて、

伝えることで後輩たちにエールを送りました

 

 

 

 

 

 

在校生から

口頭試問対策や

面接で緊張しない方法

など、質問が飛び交っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

TIBC神戸生にとって、

この1月、2月が

この一年の大勝負です。

 

 

 

卒業生の成功談、失敗談を聞き

今、何をしなければならないのか

この2ヶ月の過ごし方が

明確に見えてきたはずです。

最後は先輩が残した言葉のように、

「この一年、諦めずに努力をしてよかった」

と言いたいものです。

 

 

 

TIBC神戸生

失敗、挫折を仲間と共に乗り越え、

最後は全員で成功を掴み、

先輩の合格に続け!!!

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM