卒業生便り

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 16:24

TIBCでも新学期を迎え、

新しい年がスタートしたのと同時に、

当校の2016年度卒業生も大学、専門学校に進学し、

入学式を迎えました。

 

 

 

そして、卒業生から嬉しいメールが何通か届きました。

今回はその内容をいくつかご紹介します。

 

 

【龍谷大学 入学式】

2016年度卒業生[難関大学進学コース]

NGUYEN TUAN VUさん

(春暉国際学院出身)

 

 

「めっちゃ楽しい」

という一言とともに、写真が届きました。

 

その卒業生は、

1年、キャリアデザイン日本語コースで日本語を学び、

2年目、難関大学進学コースで勉強し、

『龍谷大学』

に進学しました。

 

この2年で、日本人レベルの会話力を身につけた

ブゥさんだからこそ、

充実した日々を得られるきっかけを掴むことができました。

 

入学当初は、勉強とアルバイトの両立がうまくいかない

日々もありましたが、最後まで諦めずに、

仕事の合間に勉強を続け、

その苦労を無駄にしない結果を得られることができました。

メールでは、

「この大学に入って本当によかった、しんどかったけど、

先生の言葉信じてよかったわ。これから、大学生活満喫する。

勉強も頑張って大学4年で卒業するっていう先生との

約束を絶対守るわ!」

楽しむだけではなく、しっかりと目的を果たすという熱いがこもった

一言も書かれていました。

 

 

 

 

【日本工科大学校 入学式】

右から

NGUYEN DINH DATさん

(京都民際日本語学校出身)

2016年度卒業生[キャリアデザイン日本語コース]

DUONG QUANG DUCさん

(国際言語文化センター附属日本語学校出身)

NGUYEN VAN VINHさん

(京都民際日本語学校出身)

 

 

 

 

 

「無事、入学式を迎えました」

その言葉と一緒に写真が送られてきました。

 

3名とも1年目はキャリアデザイン日本語コース、

そして、2年目はN1を学ぶクラスに進級し、

当校で2年間学びました。

 

そして、

『専門学校合格』

だけでなく

『N1合格』

という2つの目標を達成し、

日本語力をさらに磨いた今、

日本語ではなく、専門知識を学ぶための勉強がスタートします。

 

メッセージの最後には、

「勉強とアルバイトでこれまで以上に大変になるだろうけど、

3人一緒に卒業できるように、励まし合って頑張るわ!」

とダットさんからの頼もしい一言もありました。

 

 

 

 

そして、最後は、

 

 

【トヨタ神戸自動車大学校 入学式】

2016年度卒業生[キャリアデザイン日本語コース]

FAHMI IDRISさん

(京都民際日本語学校出身)

 

 

「周り留学生一人しかいないから、ちょっと不安です」

 

 

と言いつつも、

充実した学生生活を送っている写真が届きました。

 

キャリアデザイン日本語コースに在籍し、

1年目は『N2取得』

そして、2年目はN1の勉強に加え、

自動車専門学校の入試対策として、

キャリア向け数学αゼミを受講し、

「絶対、世界の『TOYOTA』の学校で自動車を勉強するんだ」

と、入試日まで勉強を続けました。

 

その結果、

留学生の合格者数名という狭き門をくぐり抜け

『トヨタ自動車大学校合格』

を掴み取りました。

 

 

 

 

 

彼らも、

ついこの間まではこの学校で勉強していました。

 

 

 

 

目標を達成するための道のりには、

・日本留学試験

・日本語能力試験

・志望理由書

・独自試験対策

・面接練習

試験のみならず、

思うようにいかず精神面でも苦しんだ時期がありました。

 

しかし、それを乗り越え、
合格を掴み、今、夢に向かって新しい道を進んでいます。

 

 

 

そして、後輩である今年の

TIBC生、KIBC生も同じように、

自信の目標を達成させるべく、

自習をし、日本語力を伸ばすために、自身の弱点を克服するため、

課題に取り組んでいます。

 

昨年度の卒業生同様、

頑張る留学生を当校は全力でサポートしていきます!!

TIBC神戸校 校内模試実施!

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 16:33

昨日は、トップレベル大学進学コース、難関大学進学コースの学生を対象に、

校内模試を実施しました。

普段の和やかな雰囲気とは一変して、

緊張感がただよっていました。

 

 

自分の定めた目標に向けて、  

現在の自分の実力を知ることは非常に大切なことです。

 

この試験の結果で、自分の得意分野、苦手分野が分かり、

日本留学試験まで計画的に学習を進めることができます。

学生達は、最後の1分まで無駄にせず、

解き終えてからも、徹底的に問題を見返していました。

 

 

日本留学試験まで、ちょうどあと2ヵ月!

自分の得意分野、苦手分野を分析し、本番まで突き進め!

 

TIBC神戸校 授業開始!

  • 2017.04.14 Friday
  • 19:28

今週からTIBC神戸校の授業が始まりました!

 

「キャリアデザイン日本語コース」

授業の様子です。

 

 

 

この日は、「日本語文法」の授業です。

N2合格に必要な文法を学習し、運用できるように練習していきます。

 

TIBCの「日本語」の授業では、

日本語能力試験の文法、語彙、漢字、読解、聴解において正しい答えを選ぶための授業に加え、

面接試験等でも使えるように、運用能力も伸ばしていきます。

 

 

そして、「難関大学進学コース」の学生は、

6月の日本留学試験合格に向けて、

授業後、さっそく自習室に残っています。

自習室では、授業終わりに自主的に学生が学習を進めています。

勉強していて分からない部分は、職員室前で、教員に質問する姿も見られました。

 

 

 

 

受験に向けた戦いは、すでに始まっています。

 

TIBC神戸校生!

目標達成に向けて走り抜け!

 

 

 

2017年度 入学式

  • 2017.04.10 Monday
  • 19:40

4月7日は、入学式を行いました。

少しの緊張感がただよう中、

いよいよ本番がスタートしました。

 

入学許可される学生の呼名が終わった後、

各クラスごとに代表者1名が壇上に上がり、

当校の伝統でもある「決意表明」が始まりました。

「決意表明」とは、クラス全員で守る目標を会場全員の前で誓うことです。

この「決意表明」は、オリエンテーションで長い時間をかけて、

クラスで意見を交わしあい、決定しました。

 

それぞれ非常に緊張しながらも、

堂々と壇上に上がり、壇上でクラスの誓いを述べました。

 

「東京国際ビジネスカレッジ神戸校」

 

トップレベル大学進学コース

TDクラス

 

「お互いに良きライバルとして誇りを持ちながら、初心を貫き、

 トップレベル大学に合格すべく、

 自らの目標と、そして自分の限界まで戦い抜くことを誓います。」

 

難関大学進学コース

Dクラス

 

「日本語を流暢に話す力を身に付けます。

 次に、自分なりの計画を立て、集中力を絶やさず、力の限り努力します。

 そして、お互いに高め合い、絆を結び、クラス全員が一年で難関大学に合格することを誓います。」

 

キャリアデザイン日本語コース

SEクラス

 

「習った言語知識をきちんと運用して、日本語を操れるようにします。

 そして、人生の新しいドアを開けるべく、常に上昇志向を忘れず、

 仲間の力という追い風を受けながら荒波を越えていくことを誓います。」

 

SIクラス

 

「お互いに助け合い、いい人間関係を築きます。

 試験に合格し、日本人みたいに話せるようになります。

 そして、人生に悔いがないように、理想の大学に入り、

 社会に出て役立つ、それを有言実行するため全力を出すことを誓います。」

 

HE.ラス

 

「いい学校や会社に入るためにN2に合格して、日本人のような日本語が話せるようになります。

 そのために、みんなで努力して学校だけではなく言えでも1時間以上勉強して、

 どこでも日本語を使うことを誓います。」

 

HE▲ラス

 

「N2に合格するために、毎日学校以外で日本語をつかい、

 スケジュールを作って、語彙、文法、漢字を自習することを誓います。」

 

HI.ラス

 

「1番強いクラスになるように、まず学校で習ったことを生活の中で活かします。

 今年、N2に全員合格します。毎日最低1時間復習することを誓います。」

 

HI▲ラス

 

「みんなでN2をとって、もっと上手話せるように、会話力を上げます。

 そのために、毎日1時間以上勉強します。

 そして、仕事の中でも日本語で話すことを誓います。」

 

HIクラス

 

「まず、N2合格を目指します。

 そのために、毎日CDを聞いたり、映画を見たり、日本語の本や新聞を読んだり、どこでも日本語で話します。

 予習してから授業を受け、何かわからないことがあったら先生に質問します。

 日本語が上手になるようにみんなで助け合うことを誓います。」

 

HIぅラス

 

「五訓を大声で言うだけではなく、

 しっかり守りながらN2に合格ため学校で日本語しかつかわず、

 クラスで協力してレベルアップするクラスにすることを誓います。」

 

 

「神戸国際ビジネスカレッジ」

 

KSIクラス

 

「希望の進路に進めるように毎日クラスに出席し、笑顔で楽しく授業を受けて、

 日本人とスムーズに話せるようになることを誓います。」

 

KHEクラス

 

「日本語が母国語と同じくらいつかえるように、けじめをつけて勉強し、

 短所をカバーし合いながらみんなで進歩していくことを誓います。」

 

KHI.ラス

 

「ロケットのように日本語を上達させるために、計画を立てて勉強し、

 困難なことがあってもあきらめず、100%の力を出して頑張ることを誓います。」

 

KHI▲ラス

 

「N2に合格するために、毎日日本語でコミュニケーションをとり、

 習った漢字をどんどん使っていくことを誓います。」

 

代表者はもちろん、見ている学生たちも含め、誰もが真剣。

これから始まる1年間に対する思いの深さが伺えました。

 

 

続いて、「東京国際ビジネスカレッジ 神戸校 校長式辞」

 

「今の気持ちを忘れずに、一年後、二年後、必ず夢を達成して、

 この学校でやってよかったな、そう思えるよう皆さんも頑張ってください。

 そして、我々は皆さんにそう思ってもらえるように、一生懸命頑張ります。

 お互い成功を勝ち取りましょう。」

 

最後に頂いた

「努力をしたからといって、必ず成功するとは限りません。

 でも、成功した人は必ず努力しています。」

という力強い言葉はきっと学生たちの胸にも響いていることでしょう。

 

 

「理事長 式辞」

 

「新入社員に求められる力はコミュニケーション能力。

 一つはもちろん日本語を自由に使いこなせる力。

 確かにそれは重要ですが、あくまで、ツールでしかない。

 本当の意味のコミュニケーション能力とは、

 色々な価値観、文化的背景を持った人の中で円滑に仕事をしていける力のことなんです。」

 

と人生の一先輩としてのお言葉を頂きました。

 

 

そして、「歓迎の言葉」

トップレベル大学進学コース

高福余さん

 

「こんなに厳しく、出席率や学習態度を大切にしていて、

 最初は理解できない方もいるかもしれません。

 しかし、皆さんの人生は今変わり始めたと断言できます。」

「私たちの学校では、日本語やその他科目の知識だけでなく、

 日本社会で必要な礼儀、常識を学ぶことができます。

 それを身に付けられたとき、強い力となるでしょう。」

 

企業で働いた経験を踏まえ、学校が普段伝えていることの重要性を新入生に伝えました。

 

「私は日本に来てからつくづく感じました。「奇跡」などないということ。

 努力がなければ、「奇跡」は起こらないということ。

 運が悪かったなどといろんな言い訳をせずに、もっと自分自身で原因を分析して、

 対策を見出し、目標に向かって、今より素敵な自分になるように努力してください。

 そうすれば、必ず成果が出ます。

 今、「奇跡」だと思えるようなことも、必ず「現実」になります。」

 

この1年の経験を踏まえ、全ての学生に向けて熱くアドバイスを送りました。

 

 

そして、最後に「五訓唱和」

 

1.時間厳守を心がけよう

2.挨拶を励行しよう

3.何事にも謙虚であろう

4.健康な心身を保とう

5.前向きな考え方をしよう

 

会場の外にまで聞こえるほど、

ホール全体に声が響き渡り、全員の声が一つになっていました。

 

これまで、日本語学校で積み重ねてきた様々な知識や経験を自分の力にして、

この1年、最後まで努力を続けて、高い壁を乗り越えてください。

先輩の言葉にもあったように、

努力なしに「奇跡」などありえません。

「運」を信じるのではなく、夢に向かってしっかり努力し、

最大限努力した自分を信じ、目標達成まで突き進みましょう。

 

TIBC神戸校・KIBC

本格始動です!

 

オリエンテーション最終日

  • 2017.04.07 Friday
  • 10:01

4日間にも及ぶオリエンテーションの最終日です。

 

この3日間で、

ルール

一年の過ごし方

誓約書

など授業を行う前の注意事項や心構えなどが

学生たちに説明されました。

 

 

最終日は、このオリエンテーションの大きな目的である

「クラス決意表明」が決められます。

一年の過ごし方が教えられ、

クラスメイト全員が達成する

この一年間の目標が設定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

個人で目標を設定するのではなく、

クラス全体で目標を設定します。

 

なぜ目標を設定するのか、

〔槁犬妨けての計画を立てやすくすること

我慢しなければ実現できない目標を設定することで、

 自分に甘くならないようにすること

クラス全体の目標とすることで、クラスでの結束力を高め、

 困難な状況でも、高め合いながら取り組むこと

ぬ槁犬鯊臉の前で誓うことで、やぶれないものにすること

 

その意義が担任教師から

学生に伝えられました。

 

 

 

 

 

各クラスでは様々な意見が飛び交い、

熱い議論が交わされました。

 

 

 

そして、一時間かけ、

クラスのカラーが出た目標が作られました。

このクラスでの目標は、

「決意表明」

として、入学式に大勢の前で誓われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度、

難関大学進学コース、TDクラスでは、





「私たちTDクラスは、
知識面、人間面の両面で成長し、目標に向かって決して迷わず、
その過程を楽しみながら目の前のハードルを乗り越えていきます。
そして、TIBC神戸校のリーダークラスとして、
各クラスという列車を引っ張るという役目を果たしながら、
自らトップレベル大学合格を目指すことを誓います。」

 

というクラス目標が立てられました。

その言葉通り、昨年度のTDクラスは、

日本留学試験、日本語満点から始まり、

早稲田大学、大阪市立大学、大阪教育大学

など、数々のトップレベル大学の合格を掴み取りました。

 

 

 

 

 

 

 

キャリアデザイン日本語コース、SEクラスでは、






「私たちSEクラスは、
5か国の仲間と共に学ぶことで、日本人に負けない日本語力を
身に付けます。そして将来それぞれの世界で輝く人になるために、
けじめを持って、挑戦し続けることを誓います。」

 

 

という目標が立てられました。

SEクラスは、1年日本語の運用力を伸ばし、

この1年で受験に専念する、という2年生が大半を占めるクラスでした。

1年目は、N2に合格、

2年目、日本留学試験250点以上、N1合格

最後には、入学当初からの目標であった

自らの専門分野が学べる大学、専門学校へと進学しました

 

 

今年度の学生も、

この誓いを形にするため、

まずは、入学式に大勢の前で宣誓します。

 

 

 

今年度は、どのような目標が立てられたのか、

その内容は、入学式当日のブログでお伝えします!

 

 

 

2017年度新入生オリエンテーション

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 15:07

卒業式を終え、

4月1日から、

新年度がスタートしました。

 

 

そして、当校では、

新入生オリエンテーションが行われました。

 

通常のオリエンテーションは

1、2日で終わるものですが、

TIBC神戸校、KIBCでは、

5日間かけてオリエンテーションを行います。

 

この5日間で、

まず、TIBC神戸校・KIBCのルール

そして、試験に合格し、成功するための心構えを

徹底的に学びます。

 

 

 

 

 

,△い気帖Υ靄椒襦璽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五訓

一.時間厳守を心がけよう

二.挨拶を励行しよう

三.何事にも謙虚であろう

四.前向きな考え方をしよう

五.健康な心身を保とう

 

新入生には、

この五訓を作った意義を伝え、

胸に刻み込むために、

何度も唱和をしました。

 

 

 

そして、明日は

合同クラスではなく新クラスが決定し、

この一年間を共にする仲間が決まります。

 

仲間と共通の目標を立てます。

その目標は、

必ず実現させるために、

入学式で、全体の前で誓うものです。

 

 

それぞれのクラスの様子は、

また明日のブログでも紹介します!

 

 

2016年度 卒業式

  • 2017.03.16 Thursday
  • 11:14

3月14日(火)、2016年度卒業式・修了式が行われました。

 

「卒業証書・修了証書授与」

担任が一人一人の名前を呼び、

クラスの代表者に証書を渡しました。

 

「必ず目標を達成する」

 

そう誓った日から1年、2年が過ぎました。

血のにじむような努力の末、

大学・専門学校合格という目標を達成した学生たちは

とても晴れやかな表情をしていました。

 

 

その後は、「校長式辞」

 

「日本語は『あい』で始まり、『をん』で終わる。

 これまで愛情をたっぷり受けてきたから、恩で返さなければならない。

 人に愛を与えると、恩が返ってくる。

 その次は、また、人に愛を与える番で、その繰り返しだ。」

 

「『人を幸せにすることができる人が最も幸せになれる』という言葉もあるので、

 皆さんも人を幸せにするという気持ちでのぞんでほしい。」

とこれまで出会った人、家族に向けて感謝する大切さを伝えてくださいました。

 

 

続いて、「理事長式辞」

 

私たちにとって必要な2つのことについて教えて頂きました。

 

「何故きちんとした行動が大事なのか。

 それは人と関わっていく中で、皆さん自信が評価されるから。

 評価されるとは、好感を持たれるということ。

 この人いい人だな、この人だったら信頼できるなと思ってもらえる。

 それが人に好かれる一番のポイント。」

 

「人は目標(ゴール)が近付くと、自然と気がゆるむ。

 だから常に当面の目標の少し先を意識すると、目標には全力で取り組める。

 それを続けていくと、自分の力は自然と伸びていく。」

 

私たちが今後、夢に向かって人生を歩んでいくために、しっかりと胸に刻みつけました。

 

 

そして、「学生表彰」

まずは、自己管理を徹底し、この1年間を通して

出席率が100%だった学生に「年間皆勤賞」がおくられました。

 

翁 武偉さん<KIJ語学院卒業>

 

劉 詩懋さん<神戸日本語学院卒業>

 

田 岩さん<クラーク外語学院卒業>

 

特に、翁武偉さんと劉詩懋さんは2年間皆勤です。

出席率100%は、社会に出ると、当然求められることになりますが、

体調管理を徹底させるのは意外に難しいことでもあります。

この徹底された自己管理に会場全体から拍手が送られました。

 

次に、入学以来、日本語能力が向上し、初めは合格不可能に思えた志望校に見事合格を決めた2名に「校長賞」がおくられました。

 

孫 彤彤さん<クラーク外語学院卒業>

 

キャリアデザイン日本語コース生として入学し、

貪欲に日本語力向上に努め、

難関大学進学コースにコース変更してからも勉強に対する姿勢は変わらず、

国立大学合格を見事成し遂げました。

 

NGUYEN TUAN VUさん<東京国際ビジネスカレッジ神戸校卒業>

 

キャリアデザイン日本語コースの学生として入学し、

非漢字圏出身ながら

漢字圏出身学生を凌ぐほどの高い日本語運用能力と言語知識を発揮しました。

難関大学コースに進んでからも、勉強とアルバイトを両立し、見事第一志望校に合格しました。

 

最後に、成績・出席率、学校生活態度が最優秀の学生で、

他の学生の模範であった学生におくられる「理事長賞」

 

翁 武偉さん<KIJ語学院卒業>

 

2年間の皆勤で得られた信頼は彼の何物にも勝る財産と言えます。

勉学においても、授業に課題にと真摯に取り組み、

学校生活においても、何事においても率先して取り組む姿勢は、

全学生の模範となるあるべき姿です。

 

おめでとう!

 

 

表彰後は、在校生 送辞」

Tran Thi Ngoc Nhungさん

 

「私達は、先輩方から学んだ、一生懸命に努力することの大切さ、仲間を信じることの大切さを忘れず、この学校の先輩方が作り上げてきたすばらしい伝統を受け継ぎ、今いる仲間たちと共に、よりよい学校にしていくことを誓います。」

とかたく決意していました。

 

 

続いて、「卒業生 答辞」

Shrestha Rajuさん

 

「行きたい専門学校が決まっていた私は、N2をとって1年で修了するつもりでした。

 でもこの学校で過ごすうちに、専門学校ではなく大学へ行きたいと思うようになりました。

 そして、私はこの学校でN2を手に入れることができ、

 インテリアの勉強ができる大学の芸術学部に合格することができました。

 私がこのような気持ちになれたのはこの学校のおかげです。」

と2年間での変化を話し、

「遊ぶ時は思い切り遊び、勉強する時はきちんと勉強するクラスのみんな

 クラス全員がN2合格を達成できました。

 私はこのクラスの一員で本当によかったと思います。」

とクラスの仲間への感謝の気持ちを

卒業生・修了生を代表して、力強く伝えてくれました。

 

 

そして、まだ 日本に慣れない頃から日本語を教えて頂き、

サポートして夢へと導いてくださった日本語学校の先生方に

感謝の気持ちを込めて、出身校の学生から「花束の贈呈」

 

 

最後は、入学時より守り続けた「五訓唱和」

 

一 時間厳守を心がけよう

二 挨拶を励行しよう

三 何事にも謙虚であろう

四 健康な心身を保とう

五 前向きな考え方をしよう

 

 

みなさんは、ここから夢へと歩き始めます。

歩いていく中で、壁にぶつかることもあると思います。

しかし、今の皆さんには、TIBC、KIBCでの経験があり、こんなに多くの仲間がいます。

安心して、自分の目標に向かって走り続けてください。

そうすれば、きっと高い壁も登れるはずです。

 

本当に卒業おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪市立大学 合格

  • 2017.03.13 Monday
  • 10:25

琉球大学に続き、

大阪市立大学の合格発表がありました。

 

 

大阪市立大学は、留学生でも、

日本人と同じ一般入試が課され、

日本人と同等の数学、英語レベル、

そして、言語レベルが必要とされる

難関大学です。

 

 

 

当校では、

毎年、合格者を輩出しています。

そして、今回も、見事合格を掴み取った学生がいます。

その学生は…

 

 

 

 

大阪市立大学 

経済学部 合格

〈神戸YMCA学院専門学校 日本語学科出身〉

厳  傳曦さん

 

 

 

 

 

当校のトップレベル大学進学コースに在籍し、

日本留学試験の点数は、難関大学受験レベルに達していましたが、

昨年度は、穏やかで落ち着いた性格がわざわいして、

面接では会話力が低いと見なされ、思うような結果には

繋がりませんでした。

 

 

そのため、

入学当初、この一年間で、

日本語の運用力と専門科目の力を伸ばし、

難関私立大学の合格することを目標としていました。

 

 

 

そして、その目標を達成するため、

クラスメイトとも日本語で会話し、

職員室にいる職員と、毎日話すことで、

即応力を身につけました。

特に、彼は面接を苦手としていたため、

面接での答え方をマスターするために、

授業後、日が暮れるまで残り、

何十回も面接練習を行いました。

 

 

 

日本語の運用力のみならず、

専門科目も、

文系αゼミ

を受講し、日本留学試験対策ではなく、

大学の独自試験範囲の数学の対策も行いました

 

 

その努力はまず、

日本留学試験の成績に表れ、

数学を185点にまで伸ばし、

日本語も340点近くにまで伸ばしました。

 

 

成績面のみならず、

日本語も運用力が伸びたことで、

自信に繋がり、厳  傳曦さんは

私立大学受験ではなく、

「大阪市立大学」

を第一志望に変更しました。

 

 

 

 

 

 

2月からは、

冬期公開講座に参加し、

大学独自試験対策を徹底的に行い、

一般入試の問題を解けるまで力を伸ばしました。

 

「冬期公開講座 大阪市立大学対策」

 

 

そして、その結果、

入学当初の目標を大幅に超え、

「大阪市立大学 合格」

という、さらに大きな目標を達成することができました。

 

これも一年間、逃げずに努力をし続けたからこその成功、

それ以外の何物でもありません。

 

本当におめでとう!!

 

 

 

 

 

 

 

琉球大学 合格

  • 2017.03.10 Friday
  • 08:56

琉球大学の合格発表がありました。

 

当校では、初の琉球大学合格です。

そして、見事、合格を掴んだのは、

 

 

琉球大学 

法文学部 合格

〈ECC国際外語専門学校  日本語学科〉

劉 陳情さん

 

 

見事、

第一志望であった琉球大学に合格しました。

 

入学当初は、日本語280点台であり、

3科目の成績も国公立大学受験基準には

到底届かないレベルでした。

 

しかし、この1年間

日本語と、総合科目を中心に、

遅くまで残って自習をした結果、

日本語の成績を60点以上上げ、

340点台にまで成績を伸ばしました。

そして、総合得点も80以上伸ばし、

国公立受験レベルにまで実力を磨きました。

 

 

その努力が結果となり、

合格を掴み取りました!!

 

本当におめでとう!

 

大阪市立大学対策講座

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 12:12

2月25日に国公立大学受験を控え、

2月から、対策講座が開講されています。

 

・大阪大学対策

・大阪市立大学対策

 

 

当校の学生のみならず、受験者が

集中する大学の過去問題の

演習と解説の授業が行われています。

 

 

 

 

「冬期公開大阪市立大学対策講座」

 

 

商学部志望者の学生は

独自試験として「英語」が課され、

大阪市立大学では、留学生用の試験ではなく、

全て日本人と同じ一般入試の問題が出題されます。

 

そのため、英語力のみならず、

面接では日本人と同等の日本語力も必要となってきます。

 

 

そして、当校では

日本人の予備校でも対策授業を行っている講師による、

問題傾向

解き方

を留学生向けの解説で3時間、

白熱した授業が行われています。

 

 

 

 

 

 

そして、

25日の本番まで残すところあと、

3日となりました。

悔いの残らないよう、

学生たちは入試に向けて着々と準備を進めています。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM